協議会の概要

沿革

西暦 年号 協議会関連事項
1995年 平成7年
11月 日本自動車リサイクル部品販売団体協議会、10団体344社で発足。
北口賢二 初代会長に就任
1996年 平成8年
3月 東京事務所を東京都港区赤坂6 三沖ビルに開設
1997年 平成9年
6月 東京事務所を港区赤坂3 東都ビルに移転
1999年 平成11年
9月 東京事務所を港区芝5 夏目第3ビルに移転
2000年 平成12年
6月 ジャパンエコネット会 新規加盟
6月 東京事務所を港区赤坂3丁目 赤坂ロングビーチ ビルに移転
12月 テクルスネットワーク 新規加盟
2001年 平成13年
10月 港区新橋3丁目15-8 精工ビル6Fに新事務所を開設
2005年 平成17年
1月 「自動車リサイクル法」施行
2007年 平成19年
5月 「リサイクル部品利用によるCO2削減効果」の発表
2009年 平成20年
1月 SPNクラブ、一般社団法人ARN 新規加盟 12団体となる
2010年 平成22年
1月 15年史を刊行
11月 法人格を取得し新たなスタートとなる一般社団法人 日本自動車リサイクル部品協議会
清水信夫 代表理事(会長)に就任
12月 日本自動車リサイクル部品販売団体協議会を解散
2011年 平成23年
4月 「品質・保証基準の共通化」を発表
5月 リサイクル部品の利用普及と「保証基準」「品質基準」の共通化の冊子を発行
10月 早稲田環境研究所と共同事業者として環境省平成23年度「自動車リサイクル連携高度化支援事業」に公募、12月採択
2012年 平成24年
8月 申請者として(共同提案者 早稲田環境研究所、BSサミット)環境省平成24年度「自動車リサイクル連携高度化事業」に公募、10月に採択
2013年 平成25年
3月 環境省平成24年度「自動車リサイクル連携高度化事業」成果物として(自動車リユース部品の利用促進のための「共創型グリーンポイントセンター」の構築に関する実証事業)の報告書を製本して提出
10月 DVD「経済的で環境にやさしいリサイクル部品」を作成
2014年 平成26年
3月 「品質・保証」認証シール ~ 安心と信頼の見える化 ― 作成
2015年 平成27年
1月 グリーンポイントパーツ(GPP)認証シールの導入 CO2削減数値+品質保証の見える部品
7月 リサイクル部品協議会 会員社市場規模アンケート調査結果リリース
10月 トータルカーリサイクルグループ 退会
2016年 平成28年
1月 リ協加盟団体及び加盟企業名地図を配付
7月 第2回リサイクル部品協議会会員社市場規模アンケート
調査結果リリース
12月 栗原裕之 代表理事に就任
2017年 平成29年
1月 日本自動車リサイクル部品団体賀詞交歓会 (リ協+BEST 13団体)開催
3月 (株)ビッグウェーブ 新規加盟
3月 ジャパンエコネット会 退会
7月 第3回リサイクル部品協議会会員社市場規模アンケート
調査結果リリース